古いマンションを賃貸中。 高齢者入居者が階段でコケてケガをしたら大家の責任?  < 地域: 千葉県>-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 賃貸管理 築古 > 【web版】勝ち組大家さん > 古いマンションを賃貸中。 高齢者入居者が階段でコケてケガをしたら大家の責任?  < 地域: 千葉県>
勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】

古いマンションを賃貸中。 高齢者入居者が階段でコケてケガをしたら大家の責任?  
< 地域: 千葉県>

シェア
ツイート
LINEで送る

初めまして。宜しくお願いします。
古い賃貸マンションで大家をしています。先日、借主さんから要求がありました。共用部分の階段から落ちた時に、危ないのでフェルトの様なものを階段と廊下に貼ってほしいという内容です。「大家は、人の命を預かっている!ケガでもしたら マスコミ問題になるのよ!」言われました。 借主さんが、階段や廊下でこけてケガをしたら貸主の責任になるのでしょうか?借主は年配の方です。最近足腰も悪い様です。アドバイス宜しくお願いします。



大家はどこまで介入すべきでしょうか?
Answer

貸主に責任はないでしょう

賃貸人には賃貸物の修繕義務があるところ(民法606条)、修繕義務が生じるのは建物の通常の用法による使用が妨げられているときです。そのため、古い賃貸マンションとはいえ、フェルトを貼らないと賃貸物として使用収益できない状況とは思われませんので、賃貸人に修繕義務はないと考えられます。

大塚 一暁 弁護士 (大本総合法律事務所)
大本総合法律事務所
足立 高志 弁護士

東京都千代田区丸の内1 - 9 - 2グラントウキョウサウスタワー1 7 階 
TEL : 03-5224-4555/ FAX : 03-5224-4556
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP