借地権付きアパートをリフォームする場合、地主の承諾は必要?空室が出たらリフォームして入居者募集したい!(地域・東京都)-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 空室対策 > 空室対策 滞納 > 【web版】勝ち組大家さん > 借地権付きアパートをリフォームする場合、地主の承諾は必要?空室が出たらリフォームして入居者募集したい!(地域・東京都)
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

借地権付きアパートをリフォームする場合、地主の承諾は必要?空室が出たらリフォームして入居者募集したい!(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る
私は親から相続した借地権付き一棟アパートを所有しています。築年は昭和35年で土地面積56㎡建物面積84㎡の木造2階建てです。借地権は残り18年です。

相談内容ですが、家賃滞納が見込まれるので、その時に備えて考えている事ですが、空きが出たらリフォームをかけて、新しく入居者を募集するつもりです。
その際、地主に断り無くリフォーム出来るものか不安です。

実際は、増改築と違うリフォームは工務店さんに引き受けてもらえるものでしょうか。また、優良な賃借人と思われない場合に、どう備えていいものかお教えください。

私の経験では、東日本大震災のおりに不具合の修繕を引き受けてくれた工務店さんがいました。その辺の事が分かればよろしくお願いします。
Answer

規模が大きいリフォームなら一応承諾を貰っていた方が親切

リフォームの規模にもよると思います。
主要構造部(基礎、柱、壁、屋根等)を修繕する場合は建物の寿命が
宅地建物取引士 小澤慎太郎
宅地建物取引士 小澤慎太郎
『不動産賃貸経営博士』の不動産アドバイザー

宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP