法人化裏話-土地を保有する資産保有会社設立|首都圏近郊農家である当家の相続事情⑤|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム相続 税金のコラム > 法人化裏話-土地を保有する資産保有会社設立|首都圏近郊農家である当家の相続事情⑤

法人化裏話-土地を保有する資産保有会社設立|首都圏近郊農家である当家の相続事情⑤

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

 今回は、今までご説明してきた当家の大家業の「法人化」のうらばなしです。
 どうぞ気楽にお読みください。

「専門家じゃないから..」と卑下することはない

 本日も、当コラムにご来訪くださいまして、誠にありがとうございます。

 ここまでお話ししてきた「土地」まで保有させる「資産保有会社」の設立というスキームは、実は、銀行や税理士などから提案されたものではありません!
 私自身が調べたり、聞いたり、考えたりしたうえでの思いつきです。

 そのド素人の思いつきが、当家の資産保有状態でメリットがあるかどうかを、取引銀行に依頼してウラを取ってもらったのです。

 もし成り立つとすると、大きな融資を伴う案件でありますから、銀行としてもかなり真剣に取り組んでくれました。

 銀行内部はもとより、銀行が提携している税理士法人も詳細な検討を進めてくれ、約3か月後に「可能です」という回答を得ました。(こちらは、長期間回答がないので、「やはり無理なのか」と思っていた)

 ド素人でも、ルールの概要を知り、知識を集めて正しく推論すれば、専門家がまじめに検討してくれるプランを逆提案できるのです。

 だから、自分で調べたり、考えたりしたプランは、どんどん銀行にぶつけました。NGのものの方がたくさんあったことは言うまでもありません。
 しかし、銀行が「一笑に付さない」または「その場でNOとはっきり答えられない」ようなきわどいプランを提起することは、銀行にも一目置かせる「負けない大家」になるためのひとつの条件だということに気づかされました。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月11日 (公開日:2016年9月23日)

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

相続 税金の新着記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP