地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム相続 税金のコラム > 地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

 これからかなりしばらくの間になると思いますが、いよいよ「相続」について書かせていただこうと思います。
(何せ、「僧俗嫌世」ですから・・・きっと「使命」ですね)

第1回 話の前提

みなさんと同じで、まだ「相続対策中」です

  当家では幸か不幸か、まだ「私自身が相続人」となる相続は発生しておりません。ゆえに、私が書かせていただくことは、すべて準備中の相続対策――もっといえば、農家の長男として生まれた「農業を知らない跡取り」が行った相続に向けての準備――ということになります。

 当然ながら、他家の相続事情や対策についてはまったく知りません。

 それぞれの「いえ」の財産にひとつとして同じものはありませんから、「相続についての考え方」や「実際におこなうべき相続対策」も「いえ」の数と同じだけあることはいうまでもありません。

 また、どちらの「いえ」でも、その「いえ」固有の事情による「ウチでしかできない相続対策」がたくさんあるとも思います。

 当家でも、「ほかのおうちで真似をしようとしてもまず無理だろう」という方法を取っている部分があります。ですから、どうぞ、「ふーん、そんなことをやっている人もあるのかぁ」程度に、軽く読み流してください。

 内容は、「地主系大家である当家が、家督相続的志向でおこなった相続対策」ということになります。
 
 因みに、キーワードは、「知識・スピード・組み合わせ」としておきます。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月24日 (公開日:2017年7月10日)

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

相続 税金の新着記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP