「いえ」をつなげていくために|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

「いえ」をつなげていくために

 私の祖父のきょうだい(本人含め5名)も、父のきょうだい(本人含め7名)も、それぞれ前の代からの相続が済んだ後もたいへん仲良く、円満に親戚づきあいをしていました。

 円満な親戚関係が維持されているということは、親戚が本家の後継者を援助してくれているということだと感じます。
 
 相続は「自分の直前と直後のこと」とだけ考えていたのでは、せっかく何百年も続いてきた「いえ」はいずれ絶えてしまうでしょう。絶対に考え足らずでこのようなことを起こしてはいけません。
 私も、「それが第一」と考え、父と相談したり、提案したりして、対策を進めてきました。

 その気のないところに実現はありません。どうぞお忘れなきようにと思います。
 

あとさきになりますが、あらかじめ...

 ここまで読んでくださり、誠にありがとうございます。
 でも、聞きなれないことばや、法律用語か?のようなことば、なんだかわざと分かりにくく書いてないか?  というご感想をお持ちの方はいませんか? いるかもしれませんね。

 でも、この程度のことばのやり取りができないと、いざ相続が発生したときに、すごく不便だったり、士業の方、金融機関の方などとの話がスムーズに進まないのではないかと私は思うのです。遺言がある場合の内容の読み取りや遺産分割協議の際に、他の相続人の方がスキルが高いことは十分ありえます。
(もっとめんどくさいのは、相続人の配偶者にスキルの高い人がいる場合。この人が、分を弁えた良い人ならばluckyなのですが)

 相続は、おやつを分けるようにテキトーにできるものではありません。「民法」と「相続税法」その他の、極めて厳格に定められている法律の下で行われます。

 主たる相続人の方は、他の相続人に知識で後れを取っているようでは先行き暗しです。
 といっても、私は税理士でも弁護士でもありません。いかにも難し気なことをたくさん書くでしょうが、法律上の正確性を期しているわけではなく、自分の理解で書いてしまいます。細かな注記は文章の勢いを削ぎますので一切致しません。

みなさん、ぜひ、自分で勉強してください。

 間違い探しをして、「僧俗嫌世のコラムのあそこは違うよなー!」とお気づきになれば、その方はかなり相続対策にたけた方ではないでしょうか?

 「嫌な」ヤツなんですよ、わ・た・し!

公開日:2017年7月10日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP