「気配り」とはなにか?  それが必要なのはなぜ?|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

地主系大家の相続対策の事例を公開-地主系大家が、家督相続的志向で行なった相続対策- その1

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

「気配り」とはなにか?  それが必要なのはなぜ?

  「こうしたらみんなはどう思うだろうか?」 という意識だと思います。

 お金の話になると人が変わってしまう、というのはしばしばある話です。

 給料ですら、「こんなにもらえてありがたい」と思う人は少数派です。多くの人が、「俺はこんなに働いたのにこれだけか!」派ではありませんか?

 あなたは個人事業主か会社経営者かもしれませんが、推定相続人のなかにはそうでない方もいらっしゃるでしょう。両者の間には、「お金や財産」に関する認識に大きな隔たりがあることが多いので、とても細やかな注意が必要です。

「自分とはまったく違う感覚を持っている」ということをあらかじめ覚悟しておきましょう。

 地主系大家の家督相続志向の対策は、結果として、ひとりひとりの推定相続人への遺産の配分に圧倒的な差を生じさせます。他の推定相続人が、「同じきょうだいなのに...」と思わない方が不思議だということを忘れてはいけません。

「いや、そうはいっても....」という方もおありでしょう。その場合は、せめて完璧な理論武装プロの芝居のような丁寧な説明の準備を入念にしておくことです。
 

公開日:2017年7月10日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP