相続人主導で行くために、税の知識を深めて臨む|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

相続人主導で行くために、税の知識を深めて臨む

 最後の最後に、いちばんお得なことを書きます。ここまで、小難しいことを読み続けてくださったお礼です。
 所得税、法人税、相続税の知識が素人なりにでも深まると、自分で相続対策プランの大枠が立てられるようになります。
 相続人全員の最適解となりうるプランです。
 それがあれば、そのプランをたたき台にして遺産分割協議に臨むことができますし、おそらく依頼した税理士も、その意向を汲みやすくなると思われます。
 
 税理士は、細かいルールに従って税金の計算をしてくれます。
 でも、相続人が「税の知識」の一端を持っていて、それを正しく使えば、円満な相続のために大きな武器となると思います。
 そ・れ・に、「税の知識」があることがわかると、なぜか自動的に相手(税理士はじめ関係者)の本気モードがUPするように思います。

 不思議ですねぇ。
 

公開日:2017年10月3日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP