分かるように答えてくれる税理士に頼む|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

分かるように答えてくれる税理士に頼む

 どの税理士に依頼してもいいけど、その言うなりでは不完全なのでは..というわけです。
 
 そもそも、税理士はいきなり相続税の計算書を持っては来たりしません。遺産分割協議を通した、長い長いやり取りを経て税額が算出されるのです。
 つまり、その長いやり取りのなかで、その相続が、法と相続人の意向のそれぞれに見合っているかが問題なわけで、法は専門家に任せるにしても、相続人の意向とのマッチングは、依頼者主体であるのが当然です。
 結局、質問力です。しかも、思いつきでない。
 だから、税の知識が必要なのです。

 さっぱりわからなかったら、正確な情報提供もできませんし、ましてや相手に瑕疵があったとしてもわからずに「ありがとうございました」といってしまう破目になります。
 わからなかったら質問→→相手が説明してくれる→→それでもわからなければ、どこがわからなかったかを言って、また質問。これを、何度も繰り返すのです。納得いくまで。
 相手は、それが仕事ですから必ず答えてくれます。(ただし、脱税の仕方は教えてくれません)

 もし、何度聞いてもわかるように答えてくれないようでしたら、それは相手のスキルの問題ですから、別の人に頼みなおせばいいでしょう。
 本気で財産を守る気があるなら、そんなことぐらい軽いはずです。
 
 ちょっと興奮してしまいました。
 

公開日:2017年10月3日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP