相続税を減らしたいなら、税金の計算は自分でトライ!|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 所得税と相続税の知識に関心を!

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

相続税を減らしたいなら、税金の計算は自分でトライ!

 なんで、そんなにしつこく「自分でやれ!」というか、理由をいいます。
 
 その理由とは、「所得税の計算すら自力でできない方には、低リスクで相続税を減らす工夫など到底できないと思うから」です。
 「自分には無理だ」と思うなら、かなりの費用を割いてでも、モノホンの相続税理士のちからをお借りになった方がよいでしょう。その方がにわか知識でやるよりよほど安全です。

 「それはいい! お金を払ってうまくやってもらえるならそれがいちばんじゃないか」。
 その通りですね。
 でも、私の性分では我慢できない。
    (時間に融通が利くからでもあるけれど...。注.決して余っているわけではない。全然足りない。)
 
 そもそも、あらかた任せてしまったら「うまくやってくれた」ということを実証できます?
 相続対策や相続税対策の効果に対して、納得できる請求であったと評価できますか?
 払う/払わないは、別問題ですから、「いやぁ、そりゃぁ感覚や、それまでの付き合いもあるし、あんまり細かいことはいいじゃないの」という方は、それでOKです。
 
 ただ、相続税を申告する方は、かつては全死亡者数の4%と言われていました。それが、前回の税制改正でたしかに対象者が拡がりました。でも、10%にはなってないでしょう。
 だから、概数でいうと、現在の日本で1年間に100万人の人が死亡するとして、そのなかで相続税の申告をする人は多くても約8万人くらいです。1年間で8万件の相続税申告があると思ってください。(ただし、この中には、申告すると相続税の支払総額が0円になる事案も含まれています)
 
 この8万件およびその周辺ビジネスチャンスと思っている人たちが、たくさんいるわけですよ。だって、相続税の心配があるほどの「いえ」は、申告すら必要ない「いえ」よりも明らかに財産を持ってますからね。
 下手を打てば、「カモ」ですよ「カモ」。しかも、「ネギ背負った」。
 
 もうひとつ。医師の免許は「医師免許」なのに、それぞれに専門科目を標榜しますよね。
 それと同じで、「税理士」にも専門分野があるのです。ですから、「相続」を扱うことは税理士としてのリスクが多いのでウチではやりません、という人もいます。
 「税理士だから税金のことなら何でもわかる」というのは、こちらの勝手な「幻想」です。
 
 「相続に特化してお手伝いしています」とPRする税理士や税理士法人もあります。
 よく話を聴いて比較し、「こちらにしよう」と思えば、それもひとつの選択です。
 でも、いずれにしても、「ほんとうにうまくいくのか/いったのか?」の検証問題は解決しないままです。
 
 だんだん怖くなってきませんか?
 

公開日:2017年10月3日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP