管理の充実と満室経営~建物維持管理と入居者管理をしっかり行うことで、満室経営~|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
管理の充実と満室経営~建物維持管理と入居者管理をしっかり行うことで、満室経営~

管理の充実と満室経営~建物維持管理と入居者管理をしっかり行うことで、満室経営~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

賃貸物件は商品であります。商品は魅力あるものでなければ売れません。大家さんは供給者として、商品である賃貸物件が消費者である入居者に気に入ってもらえるようにしなければならないのです。これは商売の基本であって、どのような商売においても言えることです。ですから、供給者である大家さんは、魅力ある賃貸物件を提供するということが大事な仕事になります。それを大家さんに代わって行うのが管理会社の仕事なのです。管理会社としては、商品が魅力あるものであって、消費者である入居者に気に入ってもらえるようにマネージメントするということが重要な仕事になると思っています。

賃貸経営を考える

目先の斡旋を充実させる以上に、管理会社としての仕事は、建物維持管理と入居者管理をしっかり行うことで、満室経営に付与できると考えています。

斡旋を充実させるということは、満室にならないから家賃を下げるとかフリーレントなどといったことをして入居者を募ることですが、その前に賃貸物件を魅力あるものにすることから考えるべきで、それが賃貸経営であると思います。

賃貸経営の基本は、入居者にとって魅力ある賃貸物件であるというのが一番だからです。
たしかに、家賃が安いのも魅力かもしれないのですが、資産をも守る意味においても家賃を下げたりして空室を埋めるのではなく、入居者がここに住んで良かったを実感してもらうということが満室経営を持続できることにつながってきます。 私の知り合いのオーナーさんは、空室が増えた時に、賃貸物件をアルバイト付きのアパートにして、働きたいという学生なら学校が終わって空いた時間を知り合いの飲食店で働けるように世話をしたり、ニートに対しては働き先に親代わりとして付いていったりと、おせっかいともいうべき世話を焼きました。
そこまでする必要があるかないかということですが、そこのアパートは今でも満室を維持しています。

賃貸経営は大家さんなりオーナーさんの哲学や考え方が反映することで、魅力ある賃貸物件になるのです。

したがって、家賃など下げたりして入居させるだけではなく、今の賃貸物件を魅力あるものに作り上げることをやるべきなのです。

次ページ

更新日:2018年10月16日 (公開日:2018年6月6日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP