地震で入居者に被害が出た場合の大家さんの『責任』とは?|不動産に強い弁護士が回答!|災害から大切な資産と入居者を守るための「対策」と「注意点」特集-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地震で入居者に被害が出た場合の大家さんの『責任』とは?|不動産に強い弁護士が回答!|災害から大切な資産と入居者を守るための「対策」と「注意点」特集

【特集】災害から大切な資産と入居者を守るための
「対策」と「注意点」

地震で入居者に被害が出てしまった場合の
大家さんの『責任』
について

私が今所有している物件は、数年前に父から相続した木造の物件で、老朽化もかなり進んできています。本当は、建て替えをするなりしないといけないのはわかっているのですが、建て替え費用もなく、今住んでいる入居者に出て行ってもらうのも大変そうなので現状、そのままで運用しています。

もし、このような物件(地震の対策などをしていない状態)が、地震などによって入居者に被害を出してしまった時には、大家はどの程度の責任をとるべきなのでしょうか?その責任と範囲について教えてください。

建物の耐震基準などに瑕疵があった場合の大家側の責任とは?

建物の「設置」について瑕疵(欠陥)があり、これによって他人に被害が生じた場合は、建物の所有者である大家はその賠償責任を負う可能性があります。
民法では、占有者である入居者が損害発生防止のために必要な注意をしていれば、所有者である大家が損害賠償責任を負うことが定められています(民法717条1項但書)。
この大家の責任は無過失責任であり、建物の瑕疵について知らなかったとしても責任を免れることはできません。
建物の「設置」について瑕疵があるかどうかは、建築当時の耐震基準等の建築基準を満たしていたかどうかによって判断されるのが原則です。建築当時の耐震基準を満たしていない建物であれば、大家(所有者)は責任を免れないでしょう。

大家は、建物の瑕疵と相当因果関係のある損害について賠償をする責任があります。
倒壊等で隣家に被害が及んだ場合や、入居者が死傷した場合には、例えば、修理費、医療費・葬儀費等の積極損害、休業損害、逸失利益等の消極損害、慰謝料などを賠償しなければならないことになるでしょう。

大家側の不備として「建物の老朽化」などが問われるケースはありますか?

建物の「保存」について瑕疵(欠陥)がある場合にも、上記のように、建物の所有者である大家は、その瑕疵によって生じた損害の賠償責任を負う可能性があります(民法717条1項但書)。

築年数が経過し建物が古くなれば、それに伴い、建物自体や付帯設備も老朽化して欠陥が発生し、修繕が必要となります。
修繕には費用がかかり、大家としては頭が痛い問題かもしれませんが、老朽化による欠陥を放置しておくと、建物の「保存」に瑕疵があると判断されることになるでしょう。
このように、建物の老朽化についても、これによって他人に被害が発生した場合には、大家がその賠償責任を負担しなければならない可能性は十分にあります。

特に大家側に不備がない場合の大家側の追うべき責任とは?

想定の範囲をはるかに超える大規模な地震が発生するなど、建物の瑕疵があっても想定の範囲をはるかに超える大規模な地震が発生するなど、建物の瑕疵があってもなくても同様の損害が生じるような場合には、建物の瑕疵と損害との間に因果関係がなく、いわば不可抗力と解されるので、大家としては、隣家や入居者に対する上記の損害賠償責任は負わないことになります。
ただし、入居者との賃貸借契約関係については、注意が必要です。
地震により建物が全壊し、入居者がまったく使用できない場合、賃貸借契約は終了し、敷金の返還等、精算手続が必要になります。他方、建物が半壊し修繕が可能な場合、大家としては建物を修繕し、入居者が使用できるようにしなければなりません。
この場合、損壊の程度に応じて、賃料も減額する必要があります。

災害に見舞われた場合に国や地方自治体などが補助を行ってくれた事例はありますか?

入居者に対しては、国の「被災者生活再建支援制度」があります。
この制度は、地震等の自然災害により住宅等の生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して、自立した生活再建の開始を支援するため、被災の程度、収入、世帯数等に応じて、日用品の購入費、住宅の解体・撤去費、借入金の利息や家賃等の経費に対する支援金(最高で合計300万円)を支給するものです。
ただ、この制度は、生活の本拠としての住宅の再建を支援するもので、投資のために賃貸してそこに居住していない建物は対象とならないので、注意が必要です。
なお、大家としては、建物の瑕疵を予防するため、耐震診断や耐震補強工事をすることが手段として有効ですが、各自治体ではこうした耐震化に対する様々な補助制度があるので、確認をしてみてください。

建物の瑕疵は、可能な限り予防するのがベストです。
まずは、建物の保守や点検などに強い専門業者に依頼をして、建物の現況確認をしましょう。ただ、業者の選別や費用の問題など、なかなかハードルが高い面もあるかもしれません。
そこで、万が一に備えて、建物に関する保険について、契約内容の確認や、追加加入の検討をしておいた方がいいと思います。
火災保険の加入は必須といえますが、現状の補償の対象が適正か確認しましょう。
併せて、地震保険にも加入しておくべきか検討をしましょう。さらに、賠償責任への備えとして、施設賠償責任保険への加入も検討された方がいいかもしれません。
備えあれば憂いなし。地震等の災害対策も、事前の確認と準備が必要です。

ご回答いただいたのは…

レアール法律事務所
代表弁護士 櫻田 真也
所在地:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸85番地 財津ビル4階
TEL:03-5829-8900(代表)
HP:https://www.lear.jp/

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

賃貸管理の特集

  • 安定した家賃収入を実現する、賃貸保証業界でトップクラスシェアを誇るJIDの「賃貸保証システム」
  • 貸店舗(テナント)の解約による退去トラブルや修繕負担など契約前に注意する点を学ぼう!
    成功大家のアパート経営方法!賃貸オーナーなら知っておきたいアパート経営のノウハウ
    サブリース契約のトラブルが後を絶たない!途中解約の問題点やメリット・デメリットなど
    大家さんと不動産仲介業者とのトラブル!入居者募集や不良入居者の客付けトラブルなど
    建物の用途変更は計画的に!失敗したらかかる金額も労力も痛い
    この修繕費は大家が払うべき?賃貸アパート管理で起きたトラブル事例
    悪質入居者の追い出し方!全ての大家さんに起こりうる?悪質入居者との解約トラブルと解決法!
    サブリース契約解約後の管理会社の選び方とは?通常の委託管理へ移行する際に必要な対応を学ぶ
    原状回復費用の計算方法とは?カビが生えたクロスの費用を退去予定の入居者に請求したいが……
    空室リスクや高すぎる設備投資解決の一手!築年数が10年以上のアパート・マンションをお持ちの大家さんに向けた『メイクアップ賃貸』
    長年100戸もの賃貸マンションを自主管理してきた大家さんが入居者募集を任せていた不動産会社に管理委託することにした理由とは?
    大家が工務店を選ぶ基準とは?入居者の目線にたったプランを提案できる会社に依頼!
    不動産管理会社の部門によって対応が違う場合の付き合い方について!
    騒音による精神的苦痛で入居者が次々と退去!営業妨害で訴えることは可能?
    賃料の2重取得した場合の注意点や大家さんができる対応、取るべき行動とは?
    壁紙・クロスを張替える際に大家さんが気にすべき点は?賃貸アパートでの空室対策や修繕で効果的な壁紙について-リリカラ株式会社-
    エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

    PAGE TOP