管理物件の少額提訴、賃貸経営のトラブルはどの段階で手をうつべき? |-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
管理物件の少額提訴、賃貸経営のトラブルはどの段階で手をうつべき?

管理物件の少額提訴、賃貸経営のトラブルはどの段階で手をうつべき?

  • 不動産管理会社の対応に不信感!解約清算を不当に相殺され、少額訴訟も検討…

    賃貸の解約精算で不当に相殺されて困っています。 賃貸の管理は管理会社さんにお任せしておりましたが、入居前のリフォーム時にハウスクリーニングを管理会社にお願いすると、退去時には入居者負担でハウスク

    続きを読む
    気になった数 269

    不動産賃貸経営博士 編集部

    [Q&A記事]

  • 滞納家賃を裁判を利用して回収しよう!裁判(民事訴訟)の手続きと流れ

    法廷というと一般の人にはどうしても馴染みが薄いせいか、どうしても「何とかこの問題を解決したいけど、訴えをおこすのは大変そう」等、必要以上に難しいイメージを持ち問題の解決を諦めるケースも多いようです。

    続きを読む
    気になった数 1018

    不動産賃貸経営博士 編集部

    [コンテンツ記事]

  • 家賃滞納する入居者が内容証明郵便を受け取り拒否!大家は訴訟を起こせない…

    20年前に入居されたAさんが6ヶ月滞納していました。何度か督促を行い3ヶ月滞納まで追いついたのですが、また、家賃の支払いが滞っています。管理会社に相談したところ、何度も内容証明を送っても受け取らないの

    続きを読む
    気になった数 34

    不動産賃貸経営博士 編集部

    [コンテンツ記事]

  • 家賃滞納者へは少額訴訟で対処する!少額訴訟の手順

    簡易裁判のうち、金額が60万円以下の金銭訴訟のことをいいます。 民事訴訟の利用方法はこちら!【手続きの主な流れ】 小額訴訟の流れ ポイント! 何度催促しても家賃を払ってくれない! ⇒家賃支払

    続きを読む
    気になった数 692

    不動産賃貸経営博士 編集部

    [コンテンツ記事]

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP