物置の除去を請求することが可能?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」--賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 【web版】ストッピー > 物置の除去を請求することが可能?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」-
それ合ってる?大家さん

物置の除去を請求することが可能?

シェア
ツイート
LINEで送る

今回の相談者
A.T さん
(56歳 東京都)

所有している木造アパートの共用廊下に無断に物置を設置しています。これまで何度も撤去の催告をしてきましたが、入居者は2階の一番奥の部屋で他の入居者が通らないことを理由に撤去する様子はありません。 最後の通告には期日までに撤去しない場合は処分する旨を書面にて通知しました。 期日が過ぎ、物置を処分しようと作業を開始しました。

ストッピー

今回のケース

不動産・法律分野の専門家に、
今回のケースに対して
回答していただきました。
各分野の専門家の意見を見てみましょう。

1.用法遵守義務違反として、物置の除去を請求することが可能です
 (1)借主は家賃支払義務を負担していますから、大家は借主に対し、原則として10年間分の滞納家賃を請求できます。

大家さんと借主の間には建物賃貸借契約が締結されており、借主は、居住する建物の用法に従って使用する用法遵守義務があります。建物の共用部分は私物を置くことが予定されていないので、物置を無断で置くことは、この用法遵守義務違反として、物置の除去を請求することができます。
また、大家さんは、自身の建物所有権に基づく妨害排除請求としても、物置の処分を請求することも考えられますし、契約違反を理由として、賃貸借契約を解除して退去を求める余地もあるでしょう。

2.他人の物を勝手に処分すると、器物損壊罪などの責任を問われる可能性も
ただ、ここで注意すべきは、「請求することができる」、すなわち、 …
エジソン法律事務所 【住所】〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-8-11

パシフィック錦町ビルディング8階
【TEL】03-5298-6327 【FAX】03-5298-6328 【営業時間】平日9:00~18:00 【HP】:http://edisonlaw.jp/
法律のプロ
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

滞納退去
空室対策
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP