判断材料の収集は最高のOJT|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の家督相続的志向の相続対策 不動産の相続税評価、贈与の「3年しばり」をお忘れなく

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 不動産の相続税評価、贈与の「3年しばり」をお忘れなく

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

判断材料の収集は最高のOJT

 時を経れば人間だれでも老います。歳の割には元気だといっても父も例外ではありません。すべての賃貸物件の管理は、成り行き上、私がやらざるを得なくなりました。

 そして、その後の時間の流れのなかで、父がした大きな決断は、私が「法人化する。ついては、このぐらい父ちゃんのカネかかる。でも、これで生き残る可能性がつかめる」と提案した時に、ひとこと、「わかった。いけ!」といったことでした。

(あっ、その後、私が相続に有利になるように注意しながら大きな借入をしたとき、「もう、そのぐらいにしとけ」とは言われました。でも、聞きませんでしたけど...)

 というわけで、私は当家の資産状況については早い時期からすべてを把握していました。
(ただ、聖域があり、父のしている有価証券投資については、その時点のおよその評価残高――それもかなり丸まった数字――を恐る恐る教えてもらうことしかできません)

 不動産の公図や登記簿も全部自分で揃えていましたし、毎年来る固定資産税はじめ、諸税の納税通知書はすべて私の手元にあります。よく注意していないと、大きな納税がある時にcash outしてしまう危険があったからです。さすがに、納税目的の借入はしたことがありませんでしたが、分散させておいた流動資産をやりくりして資金の準備をしたことは何度かありました。

 全体の(敢えて言う)資産の「運営」プランは、父が高齢になるにしたがって私に移転されてきました。というか、すでに私しか全体像がわからない状態です。
 
しかし、それは、あの「これ、やっとけ!」からはずいぶん時間が経った後の話で、最終判断・最終決定をする人に判断材料を提供する役回りをかなり長いことしていました。

 
先ほどの繰上返済からさらに15年以上経って、「こりゃぁやばいよ! 絶対やばいよ!」と思いつつ手が付けられずにいた相続対策がやっと始まったというわけです。

 ですからそれまで私がやってたことは、最高のOJTでした。

(余談ですが、私はちょうどその頃体調を崩して前職を辞し、無職状態でした。そのためおカネはないけど時間はあって、「ハローワークに通いながら相続対策」という、ミスマッチ感あふれる日々を送っていたのでした(笑))

公開日:2017年8月31日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP