支店長に顔を覚えてもらうメリット|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主系大家の家督相続的志向の相続対策 不動産賃貸経営と相続準備において、銀行と仲良くするメリット

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 不動産賃貸経営と相続準備において、銀行と仲良くするメリット

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

支店長に顔を覚えてもらうメリット

 支店にしばしば顔を出していると、必ずよいことがあるのです。

 最大のよいことは、「支店長と顔を合わせる機会が増える」ということです。お忙しいときでも、遠くから目礼をしてくださいます。また、少しでも時間に余裕がある時は、窓口への依頼業務を待っていると、ブースに誘ってくれて雑談をすることも結構多い(この雑談に食い扶持のもとのそのかけらが多い。しかも、支店長だから「情報の精度」は高いと考えてよい)です。
 明らかに他のお客さんとの扱いの違いを感じます。

 こう言ってしまうと、失礼な物言いになりますし、身も蓋もないのですが、銀行(支店長)が私を「銀行にとって有益な客である」と思っているからでしょう。
 支店長とは友だちでも親族でもありませんから、そういうことになると思います。

 手持ちの問題案件を支店長の頭の隅に置いてもらうことで便益を享受したことも何度もあります。

 長期の大型賃貸契約が中途解約になってしまったとき、次の借り手を紹介してくれたのは、客付け業者でもデベロッパーでもなく銀行でした。(それも、どの業者よりも早く)

 また、別の大型の賃貸契約を結ぶときに、元行員で途中で進路変更して弁護士になった方を紹介してもらいました。
 (30年契約で、賃料総額が9ケタになってしまうので、自分一人で契約書を読みこなす自信がなかった)
 
実は、未だにその弁護士とは会ったことがなく、やり取りは「ほぼメール+時々電話」なのですが、支店長を通してのご紹介ですので、まるで以前からお願いしていたかのようなやり取りができました。

(余談ですが、「もし吹っかけて来るようなことでもあったらすぐに言ってくださいね」と言われていました。もちろんそんなことはありませんでしたが(笑))

 支店長話はまだまだありますが、このぐらいにしておきます。

公開日:2017年11月23日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP