解約予告期間に退去&新契約は家賃の二重取りなの?-勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 賃貸管理 解約 > 【web版】勝ち組大家さん > 解約予告期間に退去&新契約は家賃の二重取りなの?-勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】-
勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】

解約予告期間に退去&新契約は家賃の二重取りなの?(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る
入居者から連絡があり、「明日退去したい」と申し出がありました。翌日、契約書に記載してある翌月1ヶ月分の賃料と鍵も受け取りました。

不動産屋さんにすぐに募集をして頂いていたおかげで、新たな入居者が決まりました。その方も転勤で入居を急がれていたので退去の2週間後に契約しました。

しかしその後、旧借主さんから連絡があり、「私から賃料1ヶ月分受け取っているのに、2週間後に契約をして新借主から賃料を受け取るのは、2週間分の賃料を二重取りしているではないか。」と言ってきて怒っています。

不動産屋さんに聞いたら、何の落ち度も無いが、長引かせるのは良くないので賃料の2週間分は返した方が良いと言われました。 また、旧借主さんは、「荷物を出しただけで契約は終了していない。にもかかわらず、新たに契約をするのは貸主の債務不履行だ。」などとも、主張し始めました。

なんせ、契約終了の確認サインが無いので、言った、言わないの水掛け論になってしまいます。
旧借主さんの主張は、正しいのでしょうか?
Answer

解約予告金の差額を返還する必要があるか
借主の期間内解約について、多くの賃貸借契約では「賃貸借契約を解約する場合、借主は1ヶ月前までに貸主に予告をしなければならない。ただし、借主は
水村 元晴 弁護士(みらい総合法律事務所)
水村 元晴 弁護士(みらい総合法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町2丁目3番 麹町プレイス2階
TEL:03-5226-5755/FAX:03-5226-5756
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

賃貸管理の特集

貸店舗(テナント)辞めたいと連絡があった場合の解約による退去トラブルや修繕負担など契約前に注意する点を学ぼう!
成功大家のアパート経営方法!賃貸オーナーなら知っておきたいアパート経営のノウハウ
サブリース契約のトラブルが後を絶たない!途中解約の問題点やメリット・デメリットなど
大家さんと不動産仲介業者とのトラブル!入居者募集や不良入居者の客付けトラブルなど
建物の用途変更は計画的に!失敗したらかかる費用も労力も痛い
この修繕費は大家が払うべき?賃貸アパート管理で起きたトラブル事例
悪質入居者の追い出し方!全ての大家さんに起こりうる?悪質入居者との解約トラブルと解決法!
サブリース契約解約後の管理会社の選び方とは?通常の委託管理へ移行する際に必要な対応を学ぶ
原状回復費用の計算方法とは?カビが生えたクロスの費用を退去予定の入居者に請求したいが…
空室リスクや高すぎる設備投資解決の一手!築年数が10年以上のアパート・マンションをお持ちの大家さんに向けた『メイクアップ賃貸』
長年100戸もの賃貸マンションを自主管理してきた大家さんが入居者募集を任せていた不動産会社に管理委託することにした理由とは?
大家が工務店を選ぶ基準とは?入居者の目線にたったプランを提案できる会社に依頼!
管理部門と仲介部門で対応の違う場合の不動産管理会社との付き合い方!
騒音による精神的苦痛で入居者が次々と退去!営業妨害で訴えることは可能?
賃料の2重取得した場合の注意点や大家さんができる対応、取るべき行動とは?
壁紙・クロスを張替える際に大家さんが気にすべき点は?賃貸アパートでの空室対策や修繕で効果的な壁紙について-リリカラ株式会社-
エアコンの水漏れを防ぐための事前対策とは?エアコンの故障の原因とその対処法をダイキン工業株式会社に伺ってきました

PAGE TOP