定期借家契約の再契約(2年ごと)を結ぶことは可能?デメリットはありますか? -賃貸経営読んで得する為になる【勉強しよう】--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
定期借家契約の再契約(2年ごと)を結ぶことは可能?デメリットはありますか? -賃貸経営読んで得する為になる【勉強しよう】-
勉強しよう

2年ごとに定期借家契約を結ぶことは可能?デメリットはありますか?

シェア
ツイート
LINEで送る

 定期借家契約は、期間満了により必ず終了する契約ですので、契約の更新はできませんが、新たに合意をして契約を結びなおすこと(再契約)が可能です。

 この定期借家契約を利用することで、好ましくない入居者との契約を確実に終了させることが可能です。

 この契約のデメリットは、入居者が「再契約してもらえないのではないか」との不安から、入居を敬遠し、募集に悪影響が出ることがあり得るという点です。  これに対する対策としては、「再契約」に関する特約を設けておくという方法があります。

 具体的には、 …

 

横浜ユーリス法律事務所
弁護士 関戸 淳平
神奈川県横浜市日本大通18番地KRCビル403B
TEL 045-651-6635

【無料お試し購読受付中】不動産・土地オーナーの為になる賃貸経営の最新情報をお届け!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP