大家さんのための事業継承のススメ -早めの対策が肝心!- -不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 相続 税金 > 大家さんのための事業継承のススメ -早めの対策が肝心!-

早めの対策が肝心!

大家さんのための事業継承のススメ

これまで自分なりの考えで色々学びながら大家業をしてきました。相続も含めて、将来的には息子に大家業を引き継ぎたいと思っているのですが、息子はこれまで大家業に携わったことがなく、私のように自分から進んでやりたいと思っているわけではないので、私がこれまでやってきたようにできるのか、不安です。
大家業を引き継ぐ際には、何からはじめて、どのように引き継いでいくのが最善でしょうか?

まずは大家業の事業状況を把握し継承する相手の状況も見ながら早めに着手することが重要

―― 大家さんが不動産経営の事業継承をするためにしておくべき準備には、どんなものがありますか?

ご子息に事業承継をするには、ご自身の大家業の事業状況を伝えなければならないので、まずは、事業状況を把握し、物件目録を含めた財産目録、借入れがあるのであれば、負債目録を作成しておきましょう。

また、過去の決算書の整理、所有物件の時価評価の確認、毎月の売上や経費の集計・分析を行い、事業としての現状を把握しておく必要もあります。

―― 事業継承をはじめる適切なタイミングはいつごろでしょうか?

事業承継には相応の労力と時間がかかりますので、可能な限り早期に事業承継の準備に着手することが望ましいと考えます。

ご子息がこれまで大家業に携わったことがないのであれば、様々な知見を承継してもらうには、なおさら相当程度の準備期間が必要になると思われます。

また、ご子息の家庭や仕事の状況も踏まえなければなりません。子育てや仕事に忙しいときに無理強いをしないように配慮する必要があるでしょう。

―― 事業継承のための後継者育成では、どのようなところがポイントになりますか?

ご自身の経営者としての方針を承継させたいのであれば、その理由を十分理解してもらう必要があるでしょう。

また、大家業(不動産賃貸業)のノウハウを承継してもらう必要がありますが、そのためには、承継が済んでリタイアする前に、少なくとも数期はともに実働して、経験や知識を間近で吸収してもらうことが必要かもしれません。

いずれにしろ、後はすべて任せたなどとして、放任するのはよくないでしょう。

―― 大家さんの事業継承において、よくある継承の失敗例などあればご教授ください。

十分な準備期間が取れず、ノウハウの承継が上手くなされなかったため、賃料滞納を放置してしまって、売上が減少し、資金繰りに困窮してしまったケースや、家屋の必要な補修等の対応をせず、賃借人から損害賠償請求を受けてしまったケースなどがあります。

また、特定の相続人にだけ承継をしたため、他の相続人から遺留分減殺請求を受けるなどして、相続問題が生じてしまったケースもあります。



『生前』の事業継承と『相続』による継承の違い

―― 「生前」の事業継承と「相続」による継承、それぞれのメリット・デメリットはなんですか?

一つの視点として税金面から比較すると、生前贈与(贈与税)の方が相続(相続税)よりも税率が低く、節税効果が見込める場合があります。また、生前贈与については、住宅取得等資金の特例など特例税率の適用を受けられる場合もあります。

他方、生前贈与の場合、不動産取得税が課税される、名義変更の際の登録免許税の税率が高い、税金の申告手続が煩雑であるなどのデメリットもあります。

―― それぞれ、どのようなケースに適しているのですか?

生前贈与は生存中に経営者が主体で事業承継を行うのに対し、相続は経営者の死後に相続人によって事業承継が行われるものですので、経営者の生存中にご子息等に承継者が決まっているのであれば、生前贈与を積極的に検討すべきでしょう。

生前贈与による場合、承継者以外の相続人に対するケアは必須で、承継者のみに不動産を集中させるのであれば、他の相続人に対する金銭的な手当などが必要になるでしょう。

―― 大家さんに向けて、事業継承を円滑に進めるためのアドバイスをお願いします。

事業承継は、弁護士による法律的な観点からだけではなく、税務・労務・登記等の横断的な専門知識が必要になります。

また、相続人が複数存在する場合は、将来的に、相続問題も発生しかねません。したがって、早い段階から、事業承継が円滑に行われるよう、検討や準備を進めていくことが重要です。

大家さんのための事業継承まとめ

やっておくべき準備

事業状況を把握し、物件目録を含めた財産目録、借入れがあるのであれば、負債目録を作成。

過去の決算書の整理、所有物件の時価評価の確認、毎月の売上や経費の集計・分析を行い、事業としての現状を把握しておくことも必要。

事業継承のタイミング

可能な限り早期に事業承継の準備に着手することが望ましい。

ただし、子育てや仕事に忙しい時に無理強いをしないように配慮が必要。

後継者育成のポイント

自身の経営者としての方針を承継する場合は、その理由を十分理解してもらうことが必要。

数期はともに実働して、大家業の経験や知識を間近で吸収してもらうことが必要。

ご回答いただいたのは…

レアール法律事務所
代表弁護士 櫻田 真也
所在地:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸85番地 財津ビル4階
TEL:03-5829-8900(代表)
HP:https://www.lear.jp/

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

相続税金の特集

家賃収入で生きるために大家がやらなければならない手続きとは?
不動産収入の確定申告!サラリーマン大家が確定申告に役立つ注意点や経費のポイント
不動産投資でどこまで経費として認められる?サラリーマン大家さんが気になる節税対策!
親のアパートを相続した時に考えるべき初心者大家さんのポイント!遺産相続でアパート経営を引き継ぐ
相続でアパートの生前贈与を考えるなら贈与税の仕組みと効果を学ぼう!
地主大家の相続税対策|相続した土地・農地の活用失敗・成功事例
売れない土地の相続対策|いらない土地や価値の低い土地は相続放棄すべき?活用方法や種類など
戸建て賃貸のメリットとは?戸建て賃貸の節税効果や遺産分割対策など
家賃収入のいくらから確定申告が必要?手続きや計算方法の基礎知識について
アパート経営の固定資産税とは?アパート経営や賃貸管理の為の節税とは?
認知症患者数は年々増加!?大家さんが認知症になった時の「資産凍結のリスク」とその対処法
家族信託は相続対策に有効?大家さんの資産を守る認知症対策としての『家族信託』
信託契約の注意点|『家族信託』や『民事信託』を結ぶ際に注意すべき点を不動産に詳しい弁護士に解説していただきました!
信託口口座の現状と重要性|『家族信託』で必要になる信託口口座。「屋号口座」は「信託口口座」の代わりになるのか?
賃貸経営の利回り計算方法利回りとは?マンション投資をする前に知っておきたい利回りのあれこれ。

PAGE TOP