老朽化で早く建て替えたい!立退きには必ず期間満了まで待たなければならない? -勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】--賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納 退去 耐震性 > 【web版】勝ち組大家さん > 老朽化で早く建て替えたい!立退きには必ず期間満了まで待たなければならない? -勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】-
勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】

老朽化で早く建て替えたい!立退きには必ず期間満了まで待たなければならない?(地域・埼玉県)

シェア
ツイート
LINEで送る
 現在、築40年の賃貸併用物件を所有して2階部分を賃貸しています。

 ここ数年で家の傾きが気になり行政の耐震審査を受けました。 その結果が、簡易診断の段階で0.35でした。専門家の話では、詳しい診断を行えばもっと厳しい数値になるようです。

 今も毎年、補修や交換費用がかかっており、建て替えをする決心をしました。
 管理会社に相談して入居者に対し6ヵ月の猶予にて退去して貰いたい旨の通知をするようにお願いしたのですが、「次回更新はしない」旨の文書を送付してしまったようです。

 私は、早急に退去してもらいたいのですが、このような文書を送付した場合、契約満了日まで待たなければならないのでしょうか。

 勿論、一般的な立退料を支払うつもりです。最終的には交渉になると思いますが、交渉する前に法的な部分を理解しておきたいので、アドバイスをよろしくお願いします。

Answer
 法律上は、期間を定めた契約では …
関戸 淳平 弁護士(横浜ユーリス法律事務所)
関戸 淳平 弁護士(横浜ユーリス法律事務所)
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル403B
TEL:045-651-6635/FAX:045-651-6673
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

滞納退去
空室対策
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP