賃貸している一室を無断で民泊営業。退去させることは可能??-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 賃貸管理 民泊 > お悩み改善講座 > 賃貸している一室を無断で民泊営業。退去させることは可能??
大家さん・投資家必見!『賃貸経営博士』のお悩み大家さん×ハウステーションプロパティマネジメント
賃貸経営のお悩み改善講座!
賃貸経営にお悩みの大家さん
家さんのお悩みに
別講師として
ドバイスします!
特別講師
店長 山口
株式会社 ハウステーション
プロパティマネジメント

賃貸経営にお悩みの大家さん
賃貸している一室を無断で民泊営業。
退去させることは可能??
大家さんのお悩み
広島県・cellさん
1棟マンションのオーナーです。
賃貸している部屋が勝手に民泊紹介サイトに掲載されています…。 外観だけではなく、室内写真まで掲載されており困っております。 どうやら借主が無断で民泊営業をしているようです。 わたしも住んでおり、不特定多数の方が出入りされていて、とても不安です。
退去させることは可能でしょうか?よろしくお願いします。

講座1

\ ここが知りたい! /
民泊営業している賃借人を退去させる方法は?

プロの見解
契約解除ができる可能性が高いものの、実際に解除する場合には何点か問題点も存在します。
賃借人の無断民泊を理由として賃貸借契約を解除する場合、 その解除の理由として①無断転貸②用法遵守義務違反の2つが挙げられます。

講座2

\ ここが知りたい! /
無断転貸を理由に退去させるためには?

プロの見解
無断転貸を理由とする場合
契約解除を行うためには、「信頼関係の破壊」があったことを証明しなければなりません。 信頼関係の破壊を証明するためには、様々な要素を積み上げていかなければならないため、発覚後に即時解約するということは難しく、少し時間がかかると思ったほうが良いでしょう。

講座3

\ ここが知りたい! /
用法遵守義務違反を理由に退去させるためには?

プロの見解
用法遵守義務違反を理由とする場合
通常、マンションなどを賃貸する場合、その賃貸借契約の使用目的は居住であって宿泊業を営むことはありません。賃借人が無断で民泊業を営んでいる場合には、用法遵守義務の違反を理由として契約解除を行う方が自然だと考えられます。 一般的には利用方法を改めるよう警告をする、内容証明郵便による解除通知を出す等といった対応策を採り、それでも賃借人が利用方法を改めない場合には、民事訴訟を提起することとなります。
プロのアドバイス
特別講師
店長 山口
株式会社 ハウステーション
プロパティマネジメント
まずは保健所に連絡をしましょう
民泊営業を行う際は旅館業法上の許可を得る必要があります。 旅館業登録の窓口は保健所になります。オーナー様もお住まいとのことですので、まずは保健所に連絡をして許可を得ているのかを確認し、許可を得ていない場合には警告文を出してもらい様子を見るのが良いかと思います。

回答会社紹介
会社外観
株式会社ハウステーションプロパティマネジメント
〒178-0063  東京都練馬区東大泉1-28-7-6F
アクセス:大泉学園北口より、駅階段を下りて右手へ100メートル先のローソンのビル7階
TEL:03-5947-4557
ホームページ:http://www.chintaisenmon.jp/kanri/
その他のお題はこちら

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP