狭小住宅の専門家であるBLISSが提案する「賃貸併用住宅」とは?【株式会社BLISS】-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 土地活用 賃貸併用 > 狭小地・変形地の土地活用 > 狭小住宅の専門家であるBLISSが提案する「賃貸併用住宅」とは?【株式会社BLISS】

狭小住宅の専門家BLISSが提案する「賃貸併用住宅」とは?楽賃ハウスでゆとりのある暮らし

シェア
ツイート
LINEで送る
狭小住宅×賃貸併用住宅
狭小住宅の専門家であるBLISS(ブリス)が提案する「賃貸併用住宅」とは?
「賃貸併用住宅」が持つメリット・デメリットも徹底追究いたします!
10坪ほどの土地があれば賃貸併用住宅が建てられるって本当?
住宅ローンが活用でき、家賃収入で返済を補える賃貸併用住宅。それが賃貸ニーズの高い都心エリアに建てられるとしたら、あなたはどう思いますか?「でも都心エリアじゃ土地があっても狭いだろうし…」なんて思ったあなたへBLISSの『楽賃ハウス』をご紹介。賃貸併用住宅が抱えるリスクにも真正面から向き合います!
FERIO町屋
DATE
  • 物件名:FERIO町屋
  • 構造:木造3階建て
  • 賃貸個数 :3戸
  • 敷地面積 :60.81㎡
  • 建築面積 :45.17㎡
  • 延床面積 :123.53㎡
  • 専有面積 :19.00~24.84㎡
  • 間取   :1R
  • オーナー居住部:63.54㎡
  • 居住部間取:3LDK
FERIO町屋 間取り
木造在来軸組立法 賃貸併用住宅
3階建て アパート
狭小住宅の専門家!BLISSと「楽賃ハウス」
「狭小住宅」という言葉をご存知でしょうか?
狭小住宅とは、おおむね敷地15坪(約50㎡)以下の比較的小さな土地に建てられた住宅のことです。狭い土地に建てる小さな住宅ゆえに、様々な制約があります。とはいえ、狭小住宅ならではの工夫を凝らすことによって、住み心地の良い居住空間を作り出すことは可能です。2015年にBLISSが手掛けた注文住宅は250棟、その約8割の200棟が狭小住宅であり、施工した250棟の住宅の建築面積の平均は約12坪。BLISSは独自のノウハウで、デザイン性が高く、住み心地の良い狭小住宅を提供しています。
楽賃ハウス
BLISSの「楽賃ハウス」
「楽賃ハウス」は都心エリアの狭小敷地に賃貸併用住宅を建てたいというお客様向けの住宅商品です。
住宅ローンを家賃収入で補える賃貸併用住宅は、賃貸ニーズの高い都心エリアに住宅を建てる際の魅力的な選択肢です。今まで土地が小さいから無理とあきらめていた皆様。形状にもよりますが、10坪ほどの土地があれば賃貸併用住宅を建てることができます。
賃貸部
備え付けのロフトベッドは入居者からも高評価◎
1階と2階の半分が賃貸スペース。アクセントクロスが効いた明るい色調の部屋にロフトベッドがついています。
オーナー
備え付けのロフトベッドは入居者からも高評価◎
オーナーが同じ建物に住んでいたことです。安心して暮らせると思いました。
FERIO町屋に住んで
以前住んでいた部屋より広くて過ごしやすいです。備え付けのロフトベッドの下など、物をたくさん置くことができて助かっています。
FERIO町屋内観①
  • FERIO町屋内観②
  • FERIO町屋内観③
オーナー居住部
空間を無駄なく活用!3LDKの広々とした住まいを実現
2階の半分と3階部分がオーナー様の住宅部分。明るい雰囲気のリビングとキッチンが魅力的。
オーナー
BLISSの良さは?
どんな地形でも住みやすい家を建てる設計力、あわせてデザイン性の高い商品を開発されるところです。担当者の対応も良かったと思います。
賃貸併用住宅を運営して
賃貸併用住宅の良さである収益性には満足していますが、やはり入居者によっては生活音が気になることもあります。今以上に防音性を重視した設計にしてもらえるよう、要望を出しても良かったかなと思います。また自分と同じ苗字の入居者を入れたことで、郵便物の配達間違い等が起きているので、これから賃貸併用住宅で入居付けされる方は気を付けた方がいいかもしれません。
オーナー居住部
  • オーナー居住部
  • オーナー居住部
「賃貸併用住宅」をご検討中の方へ
収益性が高いといっても抱えるリスクも大きい『賃貸併用住宅』
建築を決める前に確認するべきこととは?
メリットだけではなく、デメリットも理解できるかどうか
大澤 松明さん

お答えいただいたのは…

アセット部 部長
大澤 松明さん
BLISSへお越し下さるほとんどの方が、最初は賃貸併用住宅を建てることを考えていません。プランの一つとして「楽賃ハウス」をご紹介したときになってはじめて、賃貸併用住宅の良さに気付かれます。その収益性の高さ、加えて狭い土地にも建てられるという現実に大きな魅力を感じていただけるようです。
しかし賃貸併用住宅にはメリットと同じくらいデメリットが存在していることも事実であり、収益性のみに捉われず、リスクを伴うことも理解することがとても重要です。他人と同じ建物に住むのですから、騒音問題など住環境にご自身だけでは解決できないことが起きる可能性もあります。なにより「大家業」の始まりです。入居者トラブルが起きたときに、管理会社を間に入れていたとしても、大家として直接対応せざるを得ないこともあると思います。

毎月のローン返済額を軽減させたい
将来の資産形成を本気で考えていきたい
入居者と同じ建物で暮らすデメリットを十分に理解している

全てに当てはまる人は、ぜひ当社までご相談ください。
株式会社BLISS
株式会社 BLISS(ブリス)
〔本社〕〒113-0034 東京都文京区湯島3-36-3
〔TEL〕0800-800-8582
http://bliss-d.com/
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

土地活用
空室対策
滞納退去
賃貸管理
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP