土地活用のひとつ!トランクルームを経営するメリットとデメリット。駅から遠い土地の賢い活用方法【土地資産活用-トランクルーム・貸倉庫編】-不動産賃貸経営博士-

土地活用のひとつ!トランクルームを経営するメリットとデメリット。駅から遠い土地の賢い活用方法【土地資産活用-トランクルーム・貸倉庫編】-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
土地活用のひとつ!トランクルームを経営するメリットとデメリット。駅から遠い土地の賢い活用方法【土地資産活用-トランクルーム・貸倉庫編】
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

アパート建築以外の土地活用
-駅から遠い土地を賢く活用する方法とは?【トランクルーム編】-

シェア
ツイート
LINEで送る

近年注目の集まっている屋内型トランクルーム

土地活用としてはアパートや駐車場経営が一般的に行われてきました。
近年新しい土地の活用方法として屋内型のトランクルーム経営が注目され始めています。
室内型のトランクルーム経営の一般的な仕組みとしては、既存の建物又はオーナーさんが遊休地や駐車場用地などに新築したトランクルーム用の建物を、トランクルームの運営会社に一括借り上げをしてもらい賃貸経営を行います。

トランクルームで土地活用をするメリットとは?

アパート経営は、駅に近い立地の方が家賃相場を維持しやすく、駅から遠い立地の場合は家賃相場を維持するのが難しくなりやすいですが、トランクルーム経営は、貸倉庫の一種なのでアパート経営のように立地に左右されにくく、不整形な土地の形状等でも活用することができます。

相続税対策としても有効!

相続対策の観点としては、建物を運営会社に一括借り上げしてもらう場合、建物を5年、10年と運営会社に貸し付けていることになりますので、借地借家法の対象となり、賃貸アパートのように建物は貸家評価(建物評価額が30%減)、その敷地は貸家建付地評価(土地の評価額が約20%減)となるため相続税の節税対策にもなります。
さらに不動産の貸付けとして認められる場合には貸付事業の継続など一定の要件を満たすことで小規模宅地等の特例も適用できます。

トランクルーム経営の前に!

気をつけておくべき注意点一方で注意しなければならないこともあります。
それはトランクルーム用建物が第二種中高層住居専用地域以上の用途地域でないと建築できないことです。
これは、トランクルーム用建物が「倉庫」として分類されてしまうため用途地域によっては活用することができません。
トランクルーム経営を行う際には、その土地が投資に適しているかどうかを含めて必ず調査等をしておく必要があります。

トランクルーム事業に関しては、まだまだ世間に浸透している活用方法ではありません。
税務上の取り扱いについてもオーナーさんがどのような契約形態をとっているかによって異なる可能性がありますので、事例ごとに検討の余地があると思われます。
イラスト
この記事の回答者
田中 博史 税理士
田中 博史 税理士Hiroshi Tanaka
税理士法人シリウス
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-13 ヒューリック平河町ビル7F
TEL 03-6261-2191 FAX 03-6261-2193
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP