家賃滞納の入居者が夜逃げ…残置物を勝手に処分しても大丈夫?-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > お悩み改善講座 > 家賃滞納の入居者が夜逃げ…残置物を勝手に処分しても大丈夫?
大家さん・投資家必見!『賃貸経営博士』のお悩み大家さん×ハウステーションプロパティマネジメント
賃貸経営のお悩み改善講座!
賃貸経営にお悩みの大家さん
家さんのお悩みに
別講師として
ドバイスします!
特別講師
店長 山口
株式会社 ハウステーション
プロパティマネジメント

賃貸経営にお悩みの大家さん
家賃滞納の入居者が夜逃げ…
残置物を勝手に処分しても大丈夫?
大家さんのお悩み
広島県・cellさん
1棟マンションの大家です。
家賃滞納していた入居者が、ついに先日夜逃げしました。大量に残置物が残ったままです。家賃滞納分は諦めています。しかし次に別の人にマンションを貸すためには、残置物を何とかして、部屋をキレイにしなくてはいけません。私が勝手に残置物を処分してはいけないのでしょうか?

講座1

\ ここが知りたい! /
夜逃げされた時にする初期対応って?

プロの見解
まずは契約書があれば内容をご確認下さい。契約書の中に残置物の所有権放棄の記載があれば、大家さんが処分しても良いでしょう。
次にその方との契約には連帯保証人はいないのでしょうか?連帯保証人がいれば連帯保証人に残置物の撤去をしてもらうのが良いと思います。

講座2

\ ここが知りたい! /
もし連帯保証人が動いてくれないケースは?

プロの見解
たしかに連帯保証人がなかなか動いてくれない事もあるでしょう。その場合はもし大家さんの負担でも、いち早く残置物を撤去したいのであれば連帯保証人から承諾、合意書をもらって撤去するのが良いでしょう。

講座3

\ ここが知りたい! /
残置物を勝手に処分した場合に罰則はなどはあるのでしょうか?

プロの見解
滞納をして夜逃げをした人の残置物でも、本人にとっては財産です。何も確認なしに処分すると、後で損害賠償を請求される事もありますので注意しましょう。
プロのアドバイス
特別講師
店長 山口
株式会社 ハウステーション
プロパティマネジメント
連帯保証人とも連絡が取れない場合は建物明渡の手続きを!
契約書に残置物の所有権放棄の記載がなく、連帯保証人もいない、契約者とも連絡が取れない時には賃借人を相手に建物明け渡しの訴訟を起こして判決をもらい、執行官から残置物を処分しても良いと判断してもらってから処分しましょう。あとから契約者が財産を勝手に処分されたと、損害賠償請求をしたとしても、大家さんは法的な手続きを経て残置物を処分したと執行調書をみせれば、損害賠償請求は成立しないでしょう。

回答会社紹介
会社外観
株式会社ハウステーションプロパティマネジメント
〒178-0063  東京都練馬区東大泉1-28-7-6F
アクセス:大泉学園北口より、駅階段を下りて右手へ100メートル先のローソンのビル7階
TEL:03-5947-4557
ホームページ:http://www.chintaisenmon.jp/kanri/
その他のお題はこちら

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP