周辺物件と差別化した『空室対策』-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 空室対策 > 周辺物件と差別化した『空室対策』
タイトル

これからの賃貸経営には物件・サービスの『独自性』も大事!

周辺物件と差別化した
空室対策

『空室対策』と一口で言ってもその方法は実に様々です。地域や物件をはじめ、状況によって何をするべきかも変わってきます。そこで今回は、大家さんたちに『空室対策としての他の物件と差別化をしているポイント』を聞いてきました!

空室対策1

空室対策1セキュリティ設備の強化

入居者の安全を確保し、安心して暮らせる環境づくりをすることは『長く住んでもらえる』一つのポイントとなります。女性入居者に限らず、泥棒などの被害にあうことが退去の原因に繋がることは珍しくはありません。

空き巣被害を経て、入居者の安全を第一に 以前、所有物件が空き巣被害にあってしまい、それをきっかけにオートロックをマンションに導入したところ、入居者様からは満足の声を頂いています。幸いにも被害にあった方が退去するような事態にはならず、15年間ずっと満室のまま賃貸経営させて頂いています。
(東京都/K.Nさん)

入居者の安全と近隣物件との差別化を図るために 私が所有する物件全てにオートロック完備し、大学の近くの物件の場合は入居者に女性が多いため防犯カメラを導入しています。治安の悪い地域というわけではないですが、入居者の安全と近隣物件との差別化を図るために導入しています。
(沖縄県/T.Hさん)

空室対策1

空室対策2入居者への独自サービス・イベント開催

大家さんとして、自分の物件に入居している人のことをしっかり把握し、人間関係を構築することで不要な退去を減らすことにも繋がります。信頼関係が全くない状態では、小さな揉め事や退去時の敷金トラブルが起こった際など大事に発展してしまうことも!?

日々のコミュニケーションで入居者が相談しやすい関係に 私は大家として入居者の方とコミュニケーションを取る機会をなるべく設けるようにしています。特に入居前に借主とコミュケーションを取ることで、入居後に相談しやすい関係を築くことができます。また、物件に花を飾ったり、物件の清掃をしたり、入居者にWelcomプレゼントをするなど自分でできることで気持ちよく入居できる環境づくりをしています。
(神奈川県/G.Kさん)

入居者向けのイベントで長く住みたい環境づくりを 私の物件では、各月で入居者向けイベントとして『物件に自生している梅を収穫する梅もぎ大会』や『エコストーブ作り』『カレーパーティ』などを開催しています。オーナーである私自身や入居者同士がお互いに関わりを持つだけでも、入居者間のトラブルなどが少なくなり長く入居できる環境づくりに繋がります。
(神奈川県/T.Hさん)

空室対策2

空室対策3ペット可物件にすることで入居者のニーズに応える

近年、独身世帯が増えつつある中で、ペットと生活する人も増加傾向にあり、ペット可物件の需要も高まりつつあります。ライフスタイルの変化に対応することも入居者の需要に応える一つの『空室対策』の方法ですね。

入居前にしっかりと理解してもらえばペット可もトラブルは起こりづらい 私は周辺物件との差別化のために基本的に所有物件はペット可にしています。今は全体で3割の入居者がペットを飼っています。よくペット可はトラブルが多いという話が上がりますが、私の物件では入居前にペット可であることをよくご理解いただいた上で入居してもらっているので、これまでで問題になったことはほとんどないですね。
(東京都/K.Hさん)

入居者の要望に応える『ネコ可物件』 空室が長く続いている部屋は何か違いを付けないとなかなか入居者が決まらないため『ペット可』にすることがあります。犬だと吠えるなど騒音などのトラブルを生んでしまうかもしれないので、私の所有物件では『ネコは可』ということにしています。
(K.Sさん)

空室対策3

空室対策4物件にテーマを持たせて入居者を惹きつける

様々なライフスタイルがある中で『誰もがいいと思える部屋』にすることは非常に難しい。逆に『こんな部屋があったら住んでみたい』と思える。『独自性』を部屋に持たせることで、一度気に入った入居者は長く住んでくれるはずです。

物件にコンセプトを持たせ『住みたい』と思える部屋をつくる 賃貸経営で重要なことは「自分の物件に愛着を持つこと」に尽きると考えています。そのため私の所有する物件には『ドッグラン付きペット共生マンション』や『ガレージハウス付賃貸』『カーシェア戸建賃貸』など、それぞれ私の生活の中で『こんな物件に住みたい』という想いをコンセプトにしています。
(埼玉県/K.Fさん)

入居者のライフスタイルに合わせた部屋づくり 私は空室対策を一つの方法だけではなく、様々なことを取り入れるようにしており、例えば入居者自身で好きな部屋にカスタマイズできる『セルフリフォーム可能な物件』や、ピアノやギターなど楽器を演奏する方向けの物件として『防音設備』を整えたりと、それぞれのライフスタイルに合わせた部屋づくりを心がけています。
(神奈川県/T.Hさん)

空室対策4
空室対策4
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP