資産管理のプロFPが教える 『相続税対策で生命保険を活用するメリット!』 生命保険を利用してモメない相続を-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
資産管理のプロFPが教える 『相続税対策で生命保険を活用するメリット!』 生命保険を利用してモメない相続を
生命保険を活用してモメない相続税を

第一回.大切なのは『遺産分割』

「もしも自分が死んでしまったら、妻と子供に迷惑をかけたくないなぁ!今から出来る事は何だろう?」

シェア
ツイート
LINEで送る

現在74歳のAさんは、不動産管理会社を経営しており、不動産を含めた総資産は約3億円になります。この状態で自分が死亡した場合に、相続はどうなるのだろう?
今年から相続税の基礎控除も今までの60%になり、かなりかかってしまうんじゃないかなぁ。しっかりと対策をしておきたい。
でも、まだまだ元気だし、自分が死ぬなんて考えられない。まず、何から手を付けたらいいのか良きアドバイスが欲しいです。

Aさんの想い
  • ① モメないように公平に振り分けたい。
  • ② 孫にも自分の想いを形にして残したい。
  • ③ 同居している長男の嫁には世話になっているので彼女にも残したい。
  • ④ 不動産管理会社は長男が継ぐとして長女にはどうしたら良いか。

家計図を書いて現在のAさんの家族状況を整理しましょう。

相続発生して大切なのは、遺産分割です。

モメないように公平に振り分けたい。

相続する財産がマイホームやマンションであるAさんの場合は、モメるケースが多い。
例えば所有する不動産を売却する場合に価格決定や権利確定などの障害が大きくスムーズにいく事が少ない。また、マイホームに至っても現在親族等居住しているのであれば売却する事は難しいといえる。そこで有効になってくるのが生命保険による保険金だ!保険金を分割するにしても、一円単位で割り振る事ができ、もめないことを最大に考えている。
Aさんにとっては、とても有効な手段の一つになる。

孫にも自分の想いを形にして残したい。

②の4人の孫へ残す事としては、教育資産贈与が有効である。30歳までの孫への教育資金を1人あたり一千五百万円まで非課税で贈与できる。それにより、Aさんの相続財産を減らすこともできるので、二重の効果が期待出来ます。

孫へ残す、教育資産贈与

同居している長男の嫁にも世話になっているので彼女にも残したい。

③は良くあるケースで、同居している長男の嫁に対して何か感謝の形で残してあげたい。という気持ちを形にするのも生命保険が有効です。長男の嫁は相続人ではないため、遺産として受け取る事は出来ません。
そこで、お嫁さんを受取人にした生命保険に加入し、直接生命保険金として届ける事が出来ます。

同居している長男の嫁に対して残す

不動産管理会社は長男が継ぐとして長女にはどうしたら良いか。

④の不動産を長男がすべて相続する場合に、長女にお金を残す際にも生命保険が有効です。
本来なら長女を受取人にした契約形態にして長女が保険金を受け取る事を考えると思います。
そこを敢えて長男を受取人にすることにより、代償金として長女に渡すのです。これによって、よりスムーズに遺産分割がやりやすくなります。その際に遺言書を作成し、Aさんの意思を明確にしておくとより効果があると思います。

次は、「代償金」や「遺言書」において詳しく説明させて頂きます。

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP