支払い能力はあるのに家賃滞納をする入居者…!それでも回収は不可能なの?-勝ち組大家への道【賃貸滞納・立ち退き編】--賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納 退去 契約解除 > 【web版】勝ち組大家さん > 支払い能力はあるのに家賃滞納をする入居者…!それでも回収は不可能なの?-勝ち組大家への道【賃貸滞納・立ち退き編】-
勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】

支払い能力はあるのに家賃滞納をする入居者…!それでも回収は不可能なの?(地域・埼玉県)

シェア
ツイート
LINEで送る
借主が約66万円(半年)の家賃滞納をしております。現在、弁護士さんに明渡し請求および滞納家賃(66万円)の回収について相談しています。



現在、弁護士さんに明渡し請求および滞納家賃(66万円)の回収について相談しています。 しかし、弁護士さんは滞納家賃回収にはどうも消極的な様子です。

滞納家賃の回収は難しいのでしょうか?他に何かベストな選択はあるのでしょうか?ご意見をお聞かせ下さい。

Answer

家賃保証会社を利用することもひとつの手段です

半年分も家賃をためているのであれば、早々に、最後の催告と契約解除の内容証明を出して、借り主と保証人に対し、明け渡し及び滞納賃料を請求する訴訟を提起するべきでしょう。

不動産、預金、しっかりした勤め先が判明している場合、判決をとった後強制執行して未払い賃料等を回収することに、困難はありません。

弁護士費用は、弁護士によって違いますが、訴訟等に数十万円、明渡しの強制執行で数十万円程度と思います。

借り主が訴訟提起後に家賃を全額払ってきても、次に滞納した時には訴訟なしに明け渡すという条項を入れた和解をすることもできるので、訴訟提起が全く無駄になるというものでもありません。

なお、家賃滞納後の明け渡し・滞納賃料請求が面倒と思う大家さんは、入居時や契約更新時に、家賃保証会社の利用をお勧めします。

賃料滞納があったことをきちんと家賃保証会社に連絡することは必要ですが、明け渡し請求や未払い賃料請求に煩わされることはなくなります。

ただし、保証料の分、大家の実入りが減るか、賃料が上がります。
元橋一郎 弁護士(神田お玉ヶ池法律事務所)
元橋一郎 弁護士(神田お玉ヶ池法律事務所)
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-11-7 ラ・アトレ岩本町3 階
TEL:03-3864-3677/FAX:020-4664-8868
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

滞納退去
空室対策
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP