音信不通の法定相続人がいる場合、遺産分割協議はどう進めればよい?【土地相続トラブル】-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
音信不通の法定相続人がいる場合、遺産分割協議はどう進めればよい?【土地相続トラブル】
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

『音信不通の法定相続人がいる場合、どうすれば良いの?』

 私には弟(Aさん)がいます。10年前に父とケンカをして家を出てから長年にわたって音信不通です。
 協議の手続きはどのようにして進めていけばよいのでしょうか。
シェア
ツイート
LINEで送る
 遺産分割協議が成立するためには、相続人全員の同意が必要となります。そのため、相続人の一人が音信不通であったとしても、その相続人を無視して遺産分割協議を成立させることはできません。

まずは、行方不明のAさんを捜し出し、相続人全員で遺産分割協議を行うことができるように最善を尽くすということになります。

どうやってAさんを捜し出せばよいのでしょうか?

最も一般的な方法として、戸籍の附票による確認というものがあります。Aさんの本籍地のある市区町村から、この戸籍の附票という書類を取り寄せることで、Aさんの現在(あるいは最後)の住所を確認することができます。

居場所が判明しない場合は遺産分割協議の手続は進められないのでしょうか?

Aさんの居場所が判明しなかったという場合であっても、手を尽くしても手続きを進める方法があります。

方法その1 不在者財産管理人を選任してもらう

一つ目の方法は、
この記事の回答者
田村 吉央 弁護士
田村 吉央 弁護士Yoshihira Tamura
ノーサイド法律事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町 606
TEL 03-6257-1788  FAX 03-6800-1492
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP