遺言書があっても相続人が同意すれば遺産分割協議は優先して成立する?遺産分割後に発見された遺言書(自筆証書遺言)の効力-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
遺言書があっても相続人が同意すれば遺産分割協議は優先して成立する?遺産分割後に発見された遺言書(自筆証書遺言)の効力
プロに聞け!土地資産活用[土地相続トラブル編]

遺言書の手続きは慎重に!

シェア
ツイート
LINEで送る

相続人全員が遺言書よりも協議内容に同意した場合は?


Q1で遺産分割協議が無効になると考えた原因は、相続人が遺言の存在や内容を知らなかったという点にありました。

逆にいうと、遺言の内容を知ったうえで相続人である母、長女、長男、次男の全員の同意が得られれば、遺産分割協議は遺言書より優先して成立することになります。

ただし、遺言書に一定期間の「遺産分割の禁止」の記載がある場合等もありますので、注意が必要です。

遺産分割後に発見された遺言書の効力に時効はあるの?


遺言書自体に時効はありませんから、遺産分割後に発見された遺言書も有効です。

ただし、遺言書が発見された時点で相続財産が費消されていたり、不動産の登記名義がすでに変更されていたりするケースがあり、様々な個別の問題が生じ得ることに注意が必要です。

今回のケースでいえば、長男がアパートの登記をすでに自分名義に変更していた場合、長女がアパートを取り戻すには、長男に対して相続回復請求権を行使する必要がありますが、その際、消滅時効の問題があります。

長女は、相続権を侵害されていると知ったとき(今回のケースでいえば遺言の内容を知ったとき)から5年経過すれば時効によって回復請求できなくなりますし、相続開始時から20年経過した場合も同様です(民法884条)。
遺言書そのものが有効であっても、状況によっては遺言内容の財産を取り戻すことが難しい場合があることにご注意ください。

自筆の遺言書はその場で開封しても良いの?

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP